Coronaでiphone用バイナリ作成

2010年9月12日日曜日

コンピュータ

Coronaでiphoneアプリを作るための設定は下記が参考になります

ansca Building for device(iphone/ipad)

実機でのテストにはAppleDevelopperに登録が必要です。
iphone についてだけだと1年1万くらいです。
Developper登録が終わったら Xcodeで開発用MACにキーを登録します。

�� Xcode起動
�� ウィンドー>オーガナイザ 起動
�� 左のメニューからProvisioning Profilesを選択、  真ん中上くらいにある Reflesh をクリック
ここでキーが登録されていなければAppleDevelopperのアカウントを要求されるので入力すれば
キーがMACに登録される

Xcodeにキーが登録されたら、実機を登録するにはUSBケーブルでMACと繋ぎ、
左メニュのDEVICEに表示された実機を選択し、Developボタンを押せば登録される


次にアプリケーション用のID(個人ごと)を作成します
https://developer.apple.com/ios/manage/bundles/index.action

NewAppID をクリックして新規に作成しておく

Description
Bundle Seed ID (App ID Prefix)

2つを入力後、submitで登録


次にprovisioning profilesを設定
http://developer.apple.com/ios/manage/provisioningprofiles/index.action

New Profile にて作成、作成後、Downloadにてテストファイルを落としておく

次にprovisioning distributionを設定
http://developer.apple.com/ios/manage/provisioningprofiles/viewDistributionProfiles.action

Distribution Method はAdhocにしておく(ストアを通さず、配布するため)


Profileの2つはそれぞれDownloadしておく


上記で登録が終わっているのでCorona simulator で作業をする
File -> Open for build

ウィンドーが出るのでmain.luaがあるフォルダを指定する。
メニューが出るので下記のように設定

Application name , version は適時設定
build for Xcode Simulator
Code Signing Identity 上記までのProfileが設定されていればDeveloperの名前を選べる


設定ごはBuildを選べばCoronaのBuildサーバに接続してバイナリを作ってくれる