郵便局の民営化って必要だったの?

2007年10月11日木曜日

なんでも











ということで(そういうわけでもないが)、自分の通帳がいっぱいになったので更新をお願いしに窓口へ....

1回目:先週木曜:端末が込んでて繋がらないので明日以降にして欲しい
2回目:今週水曜:やっぱり混んでる...繋がらない。明日からは通常に戻るようなので明日にしてもらえないだろうか...
3回目:繋がります。なんとかなりました


計3回。たかだか通帳を更新するためだけに。なおかつ、民営化になった以降は通帳の本人確認が必要になるようで(これは1度でいいらしい)それも行われる。ということで通帳だけだと更新できない。免許証等が必要....

おいおい。大丈夫か?ほんとに。担当さんに当たっても仕方ないのであるが向うも恐縮してたしねえ。まあ、通常どおり作業してくれればなんも問題なし。た だ、”民営化になったから”っていう理由は他の民営企業に対して失礼だな。と心の中で思いつつ、あまりに低姿勢だったので怒る気すら起きなかった。

はっきり言えばさ、これって”怠慢”なわけです。民営化になれば端末混むってことじゃなくて、3年も前から準備してきただろうに....同じシステム屋と しては気持ちは分かるがちょとひどいかもね。と。端末が込むのは恐らくシステムハードかネット関連が弱いせいだし、予算はあるんだから やれよと。低予算 でやる仕事じゃないだろうからねえ。準備期間もあったわけだし。なんかさみしいよねえ

ま、いずれにしても、通帳のデザインは普通の銀行っぽくてなんかこれもだめな部分だなあと。

ああ、そうか、つけたしです。担当さんはがんばってました。はい。人間は問題ないようです。そういう意味ではがんばれ!と。応援だけはしときますか^^;