PostgreSQLでバックアップとリストア

PostgreSQLはバージョン11になり、歴史を積み重ねてます。
Mysqlも使ったりしますがほぼPostgresqlばかりになってます。
ただ、バックアップとかスクリプトでまとめちゃうので忘れてしまうことが多いので備忘録。

バックアップはアーカイブ方式もあり、まとめる方式も選べる。
ただ、自分はスクリプトで取ることが多いのでパス

・バックアップ(個別)
pg_dump データベース名 > バックアップファイル名
※スクリプト形式。個別のテープルは設定できない

・バックアップ(リモートで個別)
pg_dump  -h ホスト名 -p ポート番号 データベース名 > バックアップファイル名

 ※スクリプト形式。個別のテープルは設定できない

・すべてのバックアップ
pg_dumpallを使うが、オプションが多いのでここのページ参照
pg_dumpall > 出力ファイル

・リストア
createdb  データベース名 でデータベースを作っておく
psql -f ファイル名 データベース名
※スクリプト方式

・リストア(すべて)
psql -f ファイル名 postgres

※スクリプト方式