Centos7 にAsp.net core 2.2 Runtimeをインストール

個人的に最初に使ったOSがMSDOS。
その後、TownsOS、Linux(slackwareかな)、Windows、FreeBSD、Solaris、Linux(Centos)、MacOS、MacOSXと変遷。

どんどんMSが嫌いになっていったわけけですが(笑
Javaを使うようになって決定的に嫌いになった覚えがあります。

ただ、大好きだったJavaもぼらくるにやられ、気づいたらXamarin使ってて、C#がしがし使うようになり、
あれ?MS悪くないんじゃね?とか思い始め、WEBサービス関連もJavaからASP.net coreに移しました。

前置き長くなったけど、最初の友達と喧嘩して長く時間かかって和解したような感じです(ん?)
ちなみに、Windowsも3.1からすべて使ってきて10も使いますが、100%ゲーム用。
もっぱら開発はMacさんが公私ともども手伝ってくれます。

今回はASP.net coreを使って公開サービス動かすのでその設定
前置きなげえ...

インストールはMSのサイト見れば実は丁寧に簡単に書いてある
.NET Core

Centso7使うのでコマンドは3行だけ。

yum で読めるようにMSのレポジトリ追加
sudo rpm -Uvh https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/packages-microsoft-prod.rpm
yumアップデートしてレポジトリ読む
sudo yum update
インストール
sudo yum install aspnetcore-runtime-2.2

あら、簡単。

MSって開発環境はとてもいいんですよね。

VSCodeもいい感じだし、Javaでやるはずだったどこでも動くのを実現しようとしてるし
C#はバージョン上がってどんどん高機能、使いやすくなるし、すげえな

ま、開発環境はね。Windowsがあれだから当面Macさん必須です。