MacにPostgresq11をインストールする

MacにPostgresqlをインストールする方法はいろいろありますが、今回はbrew使ってインストール、初期設定までまとめます。


・インストール
brew install postgresql

※2019/5/3現在ではpostgresql11がインストールされました。
※Macのユーザがデフォルトユーザとして作成されます。
※インストール場所
本体
/usr/local/Cellar/postgresql/11.2_1/

データベースファイル、設定ファイル
/usr/local/var/postgres/


・バージョン確認
psql --version


・初期設定
/usr/local/var/postgres/ にある設定ファイルを修正していく。

postgresql.conf
※コメントアウトして、ローカル環境からだけの接続に制限する
--
listen_addresses = 'localhost'
--


・postgresqlのコマンド類のためにパスを通す
.bash_profileにパス追加
--
export PATH=/usr/local/Cellar/postgresql/11.2_1/bin/:$PATH
--


・起動
brew services start postgresql


・ 接続
psql -U ユーザ名 postgres


・停止
brew services stop postgresql