macで外部ディスプレイを使ってるなら使いたいアプリ

デュアルディスプレイ、トリプルディスプレイとMacで複数のディスプレイで作業することも多くなりました。

また、外では1画面、帰ってきたら外部ディスプレイに繋ぐ方も多いです。

そんなときに悩ましいのがウィンドーの位置とサイズ。

例えば、4kディスプレイとフルHDのディスプレイを使っていたりすると、

再起動などでウインドー位置、サイズがめちゃめちゃになることがよくあります。


4kfhd 左が4k(メイン),右がフルHDディスプレイ

4khd 左側に並べたウィンドー

4kfhd 右側のウインドー

4khd 再起動などで右側にあったウィンドーまで集まってしまいました。

Macだと再起動やシャットダウン時に現在のウィンドーやアプリ状況を保存してくれる機能があります。

でも、ウインドーサイズや位置情報の保存はあくまでもシングルディスプレイのときだけなんですねえ。

再起動やシャットダウンごとに自分でウインドー直せばいいんですが、面倒すぎます。

そこで今回買ってみたのが Display Maid

display maid




(2018/6/9時点では720円でした。)


このアプリは主にウインドーサイズ、位置を覚えてくれます。

ディスプレイが複数あっても再現してくれるので重宝します。

また、ログイン時に自動で立ち上がり、ウインドーサイズなどを戻してくれる機能も便利です。

機能的には各ディスプレイのウインドーサイズ、位置を覚えてくれるのですが、注意点が1つ。

アプリによってはウインドーが保存されません。

理由としては、Unityなど一部のアプリケーションではファイルのオープン状態は再起動やシャットダウンでクリアされるからです。

そのため、ファイル開くようなアプリではスリープからの復帰で使うと良いかもしれません。