Unityでアドベンチャーゲームを作る際の参考書

2017年1月13日金曜日

unity 読書

アドベンチャーゲームを作っているといろいろ演出ができないと寂しいと思うシステムが多いです。



そのため、昔からある吉里吉里などからなかなか離れられないという方も多いです。



私はあまり演出にこだわらないので自作して作ってますが、Unity使っているならアセットでさまざまなものが用意されるようになってきました。





有名なところだとエクセルシートでゲームが作れるジョーカースクリプトなどがあります。



VisualNovelToolkitもありましたが、Unity対応は今後しないようですね。





私は自作したキットで作ってますが、できが良いアセットにはかなわないので、宴かジョーカースクリプトに移行予定だったりします。





UnityでADVを作ろうとした時に特別にシステム周りを気にせずに作れるのが上記のアセットの良さでもあります。



ただ、とっつきがよくないとも考えられるので参考書的に下記の書籍はおすすめです。







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Unity5アドベンチャーゲーム開発実践入門 [ ラムダ・プランニング ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/1/13時点)







この書籍の良い点はジョーカースクリプトを使ったアドベンチャーゲームの制作が分かりやすく説明されているだけではなく、アドベンチャーゲームを作るために必要なシナリオやプロット、音楽、演出などについても書かれている点です。



宴を利用する前提であってもアドベンチャーゲームを作るうえで知っておきたい知識がまとまっているので手元にあっても損はないと思います。





Unityの教科書の記事で紹介した教科書と合わせて買っておけばUnityでアドベンチャーゲームを作る際のテキストは十分かもしれません。



その後、UI等をさらにいじるなら下記もおすすめです。





UnityゲームUI実践ガイド(宴の紹介もあります)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
UnityゲームUI実践ガイド [ 池和田有輔 ]
価格:2808円(税込、送料無料) (2017/1/13時点)