スプライトアニメーションを無料のツールでなんとか作る。その1

2015年7月31日金曜日

unity

スプライトアニメーションはいわゆるパラパラ漫画のようなもので、
複数の画像を連続で動かすことでキャラクターとして動かすあれです。

第01回 スプライト / スプライトアニメーションの作成

UNITYなどのツールを使えば画像さえあればすぐにアニメ作れるんですが、
じゃあ、元の絵はどうやって作るのか...

世間には有料無料でいくつかのソフトがあります。
もちろん、Photoshopなんかで描くのもありだと思いますが、私には敷居が高過ぎる...
そこで、パーツは持っているとしてそこから動きをつけるという観点でツールを探してみましたよ。


・有料版(インディーズ無料対応あり)

OPTPREX Spritestudio

LIVE2D


無料版もいくつかあるのですが、これといって定番というのは無いみたいです。
いろいろ見てよさ気だったのがSpriter

Spriter

有料版との違いは結構あるのですが、パーツがある、動きが付けられる、画像で出力できるのでSpriter使うことにしました。

Spriterの使い方は日本語ページほぼないのですが、
下記と動画見れば、あとはやってればなんとかなります。たぶん...

Spriterを使ってスプライトアニメーションを作る

 



次は簡単な画像で動きを付けてみます